取り引き先企業用でも名入れ時計は喜ばれます

ノベルティグッズを製作して取り引き先に贈るような販売促進を行うには、ネット上で営業をしているノベルティグッズの専門店があるので、アイテム選びと名入れに関しては万全な対応力で利用することができます。販売促進用で使う場合は、一般の消費者向けで発注をすることが多いのですが、取り引き先企業専用として製作をするには名入れ時計は選んでも後悔する可能性は低くなります。現在はスマートホンを持ち歩く方が増えていることや、会社内ではパソコンに時間が表示されているので腕時計で確認をすることが減っている時代になります。この状態で敢えて名入れ時計を製作する方法で、デスクワークをする全ての社員に対して宣伝効果以外でも普通に便利グッズとして使ってもらえます。

オフィスで使う名入れ時計の場合は、コンパクトサイズでデスクに置いていても邪魔にならないサイズ選びが必要です。尚且つ壁掛けではなく独立してデスクに置ける時計をベースにすることも基本です。アナログ式とデジタル式がありますが、この選択肢は全体的な時計のデザインを確認して選ぶ方法はあり、1つのノベルティグッズの専門店でもいくつもの時計を用意しているのでデザイン優先でも間違いではありません。名入れ時計にするには発注する会社側でデザインを決める方法になりますが、注意すべき点は社名を大きく入れ過ぎるとせっかくのお洒落さが半減してしまうので、さり気なくアピールすることができる名入れが向いています。

各ベースとなる時計においては専門店側で名入れを施せる範囲を指定しているので、この部分をきちんと把握することも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*